しまうまの鳴き声を知っているか。

インデックス投資と子育ての実践ブログ

加入している医療保険について考察

calendar

reload

加入している医療保険について考察

後田氏の本を読んでみて、私が加入している医療保険について考えてみました。

まず、私が加入している保険の概要は以下の通り。

——————————————–

オリックス生命保険
死亡保障付医療保険 Relief W

支払い:私4,406円/月+妻4,461円/月

保障
死亡    :250万
入院    :5000円

払込期間34年(60歳まで)

60歳までの解約時払戻金 :0円
60歳以降の解約時払戻金 :10万円

——————————————–

死ねば支払った総額(約180万)よりも大きい金額を遺すことができるのに加えて、
医療保障も付きますよ、というもの。

この保険には結婚したタイミングで加入しました。ちょうど一年前になります。

その時は結婚したら何かしら保険にはいるべきという先入観がありまして、
お葬式代くらいは用意しとくかと思い加入しました。

しかし、こどもが産まれた今考えなおしてみると、
・250万という金額は心もとない。
・医療保険はもともとおまけに考えていたし、貯金でなんとかなる。

といった観点から、目的にそぐわない上に激しく損しているなと。
実際に気持ちとしてはこどもが働くまでに(大学卒業として25年くらいとしましょう。)
私に何か合った時、足りない分を補えればいいわけですから、
掛け捨ての定期の方が、必要なところはカバーできますし損が少ない。

例えば、10年定期で死んだら1000万ということであれば、月々の掛け金は1000円程度で済みます。

仮に医療保険と比べると、死んだ時にもらえる金額は4倍にもなるのに支払いは4分の1です。
医療費は?と思いますが、月々の差額3000円を貯金に回して備えつつ、といったところでしょうか。

既に10万くらい支払っていますが、高い勉強代だと思い解約の方向で進めていきたいと思います。

事前によく調べておくことって大事だなぁと後悔。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

垂水ケイ

垂水ケイ

20代サラリーマン。2015年9月から投資をはじめ、インデックスファンドを積立ながら国内外ETFを買い足しています。1歳児ムスメの子育て奮闘中です。投資と子育てについて書きます。

folder 未分類

ブログ引越しのお知らせ
more...