しまうまの鳴き声を知っているか。

インデックス投資と子育ての実践ブログ

eMAXIS豪州リートインデックスを買ってみました

calendar

reload

eMAXIS豪州リートインデックスを買ってみました

友人がオーストラリアに転勤になったのを期に試し買いしてみました。
せっかくなので、これまで避けてきたリートについて少し勉強してみました。

基本的なところをまとめます。

リートとは

なんとなく不動産投資できる投資信託という認識はありました。
調べてみたところ一応合っていたようで、投資家から集めたお金で不動産を所有・管理し、賃貸料収入や売却益をリターンとする商品とのこと。

リートの特徴

メリット

通常の不動産投資であれば大きな初期投資が必要になりますが、投資信託になっているので、そのハードルはぐっと下がります。また、個別の不動産に投資すると空家リスクが大きいですが、複数の不動産に投資されているのでリスク分散効果が期待できます。

リートには比較的利回りが高いという特徴もあります。これは、リートは一定の条件の下、税金が免除される仕組みがあるためです。賃料収入から費用を引いた当期利益の90%超を投資家に分配することで税金が免除されることになります。

デメリット

リートは実物資産であるがゆえのリスクがあります。例えば、自然災害や火災などによって不動産が影響を受けると、リートの価格にも反映されてしまいます。

また、不動産税制や建築規制などの影響を受けます。実際に、マイナス金利によって住宅ローンの利率が下がるのでは、という期待からリートの価格は上昇しました。

リートをアセットアロケーションに組み込むか否か

リートの値動きは、比較的株価との相関が出るようです。つまり、アセットアロケーションとしての分散効果はあまり期待できません。むしろ、バラつきは株式よりも大きくなるケースもあります。

ですので、積み立てていくつもりはなく、記念買いにとどめておきます。

おわりに

今回、豪州リートを買ったということは、オーストラリアに行った友人が遊びに行ったり働いたりする建物のどこかしら一部に私のお金が使われているということでしょうか。
そう考えると面白いですね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

垂水ケイ

垂水ケイ

20代サラリーマン。2015年9月から投資をはじめ、インデックスファンドを積立ながら国内外ETFを買い足しています。1歳児ムスメの子育て奮闘中です。投資と子育てについて書きます。

folder 未分類

ブログ引越しのお知らせ
more...