しまうまの鳴き声を知っているか。

インデックス投資と子育ての実践ブログ

【キャンペーン】SBIの米国株式取引手数料が5ドル〜になって海外ETFが買いやすくなる?

calendar

reload

【キャンペーン】SBIの米国株式取引手数料が5ドル〜になって海外ETFが買いやすくなる?

SBI証券の米国株式取引手数料が約定代金の0.45%(下限5ドル〜上限20ドル)となりました。
SBI証券HPで詳細を確認できます。

従来は25ドルかかっていたので、かなり思い切った値下げになります。
「業界最安水準」としており、これまで最安だったマネックスに肩を並べました。
(為替手数料を含めて考えると、マネックスよりも安くなります。)

ただ、私はNISAの範囲内で海外ETFを買っているため、もともと購入手数料は無料でした。
となると、旨味としては売却時の手数料が下がったことにあるわけですが、バイアンドホールドを基本としているため売却時の手数料は今のところは問題にしていません。

むしろ安くなって欲しかったのは、為替手数料です。

現状ではSBI証券の為替手数料は1ドルあたり25銭です。
住信SBIネット銀行の外貨即時決済サービスを使えば15銭です。

住信SBIネット銀行には、為替手数料が無料になる「外貨特BUYデー」というキャンペーンがありましたが、6月で終了してしまいました。

キャンペーン終了時には、為替手数料の見なおしとか来るかな!?と期待していましたが、残念でした。
またSBIのアンケートがあれば、意見を送ってみたいと思います。

そうは言っても、手数料値下げはありがたいことです。
証券会社間の競争が高まっていき、個人投資家にとってよりよい投資環境が構築されていくことを期待します。

取引手数料だけでなく、為替手数料も見なおしてくれるとより海外ETFが買いやすくなりますね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

垂水ケイ

垂水ケイ

20代サラリーマン。2015年9月から投資をはじめ、インデックスファンドを積立ながら国内外ETFを買い足しています。1歳児ムスメの子育て奮闘中です。投資と子育てについて書きます。

folder 未分類

ブログ引越しのお知らせ
more...