しまうまの鳴き声を知っているか。

インデックス投資と子育ての実践ブログ

【レビュー】年収400万円からの不動産投資で着実に稼ぐ秘訣

calendar

最近は不動産投資にも興味がでてきていて、本をいくつか読み始めています。その中でど素人のわたしにも理解しやすく、知りたかった情報がまとまっていた本があったので紹介します。

スポンサーリンク

概要

本書は、独立系ファイナンシャルプランナーの高山一恵さんの著書です。「一番わかる確定拠出年金の基本のき」あたりは読んだことある方もいるんじゃないでしょうか。

独立系だからと言って手放しに信用はできませんが、特定の会社名が出てきたり、海外の信頼できる業者を選ぶのが大事になるような投資方法を勧めてくるわけではなかったので、一安心。

本のタイトルは「年収400万円からの不動産投資で着実に稼ぐ秘訣」となっており、「3億の資産を〜」とかのキャッチーなだけの書籍ではないことや「年収400万円」というキーワードに惹かれて購入しました。

本のレベルは初心者向けで、不動産・業者の選び方、融資の流れ、節税のメリット・デメリットなど不動産投資の基本になるであろうポイントが押さえられています。

「年収400万円から」というリアルさがいい

わたしの年収はもうちょっとあるんですが、この本を読むとサラリーマンでも不動産投資ができる(むしろ向いている)ということを実感できます。

資産がもっと増えてから始めようと思っていましたが、年収400万円でもできるなら前倒ししてもいいかなと思っちゃいます。頭金はできるだけ入れた方がいいと思ってたんですが、不動産投資では違うんですね。その点でも資産が貯まるまで待つ理由が薄まりました。

不動産をうまくやるポイントの一つは、良い条件で融資を受けることです。利息の支払い総額は増えますが、長期ローンを組めれば毎月のキャッシュフローは黒字化しやすくなるためです。

本書で書かれている以下の条件を鵜呑みにするならば、わたしは良い融資を引き出せる可能性があるということになります。サラリーマンって信用高いのね。

・年収500万円以上(現在は年収400万円程度でもOK)
・勤務先が公務員もしくは大手企業、業績好調な中小企業
・勤続年数が3年以上

奨学金の返済が残っていることは不利に働くと思いますが、キッチリ順調に返済していってることが評価されたらいいな。繰上げ返済がいい評価につながるなら、事前にしておくこともありですね。

ライフプランとセットで考える

流石はファイナンシャルプランナーの書いた本。「不動産の選び方!」みたいな本は有象無象ありますが、「ライフプランありきで考えるのが大事です!例えば…」といった土台となる部分も書かれているのは珍しいんじゃないでしょうか。

インデックス投資を始めるときに学びましたが、銘柄選びの前に「どういう目的で、どういった投資をしたいか」ははっきりさせておかなきゃいけませんからね。

不動産投資は未経験者ですが、そういった根本部分は同じなんじゃないかなと思ってます。

やる気はある。あとは妻の理解を得るだけ

金額が大きいことや借金をすることになることから妻の理解を得ることは必須だと考えています。世の中には奥さんに内緒で不動産投資をやっている方もいるみたいですが、わたしからすれば悩みのタネを増やしてしまうだけです。

インデックス投資の方は、具体的な金額や詳しい話まではしておらず、資産運用をしている事だけ伝えています。インデックス投資は貯金→債券→株式と貯金の延長で話をしやすいんですが、さすがに不動産ともなると貯金の延長で説明するわけにはいきませんからね。

妻を説得するコツあれば知りたいところです。

今のところは、アーリーリタイア(妻はしたいみたい。)や節税の話で口説いてみようかと。特に今は保育料が家計を圧迫しています。保育料は所得で決まるので、節税効果の高い今の方が実質リターンは上げやすいはず。

不動産の節税についても本書で説明されています。ただ、基本的なところだけでさほど深堀はされていませんでした。節税は詳しく書けばそれだけで一冊いきそうですもんね。初心者にとってはエッセンスだけ抜き出してくれてる分ありがたいともとれます。

節税効果を狙うなら木造アパートか

ここからはわたしのメモです。本を読んだだけなので勘違いとかたくさんあるかもしれませんからご注意。

木造は減価償却期間が短いため、会計上の赤字を大きくすることができます。会社からの給与収入と合算できるので、税金はもちろん保育料も安くなります。

いい条件で長期の融資が得られれば、減価償却の数年間はキャッシュフローの大幅な改善が期待できます。生活水準をそのままに、キャッシュフローが黒字化すれば資産形成の速度がかなり早まりますからナイスですよね。

まとめ

「年収400万円からの不動産投資で着実に稼ぐ秘訣」は年収500万円以上のサラリーマンで不動産投資の初心者のわたしにとって、ちょうどよいレベルの投資本でした。

不動産投資に興味のある同じような属性の方にオススメです。逆にある程度知識がある方からすれば物足りないかもしれません。

この本を読んで、不動産投資は実際にできそうな気がしてきました。妻の説得と合わせて、木造アパートへの投資や節税まわりの情報を集めていこうかな。

>>年収400万円からの不動産投資で着実に稼ぐ秘訣: 疑問が解け、正しい選択ができる本!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

垂水ケイ

垂水ケイ

20代サラリーマン。2015年9月から投資をはじめ、インデックスファンドを積立ながら国内外ETFを買い足しています。1歳児ムスメの子育て奮闘中です。投資と子育てについて書きます。