しまうまの鳴き声を知っているか。

インデックス投資と子育ての実践ブログ

金融庁と個人投資家との意見交換会に参加します。

calendar

金融庁と個人投資家との意見交換会に参加します。

5月29日に金融庁と個人投資家との意見交換会が開催されます。投信ブロガーの虫取り小僧さんが個人投資家サイドの調整役を引き受けてくださっています。
ツイッターで告知が流れてきたので、勢いで参加申込みをしました。今回は第二弾なんですが、第一弾と同様、数時間で定員が埋まってしまいました。枠をとれてラッキーでした。

初のイベント参加

オフ会とはちょっと違いますが、こうしたブロガーの集まるイベントに参加するのははじめてなので楽しみです。よろしくお願いします。

普通に生活していて金融庁に入ることなんてありませんから貴重な体験になりそうです。

みなさん、ブロガー名刺とか持ってくるんでしょうか?いいなーと思いつつ、結局作れていません。交換はできませんが、名刺いただけたら嬉しいです。

積立NISAについてちょっと予習

今回の意見交換会では積立NISAがテーマのひとつです。積立NISAについて軽く予習しておきました。

勉強に使った資料は、「2018年、積立NISA導入でNISAはこう変わる(大和総研)」です。積立NISAについて、網羅的かつわかりやすくまとめられています。

現行NISAとの違いは、

  • 非課税期間が20年
  • 年間投資枠が40万円
  • 投資対象が厳選されている

このあたりが大きなポイントになってきますね。

積立NISAを使うつもりなの?

意見交換会に行く前のわたしの考えを書いておきます。

非課税期間が20年であることは魅力的ですし、厳選されているファンドも日頃から馴染みのあるものです。

しかし、投資枠40万円というのがネックになっています。

毎月の積立は3万円程度なので、積立分としては枠に収まります。投資対象も積立NISAの対象となるインデックスファンドなので移管はしやすいです。

ただ、わたしはスポット投資では海外ETFを現行NISAで購入してます。

海外ETFの購入はSBI証券でしており、NISAで買わないと買付手数料が無料になりません。投資金額が大きくないため、買付手数料にはシビアでありたいんです。

非課税期間が延びることによるメリットと枠が減ることによるデメリットをしっかり見極めないといけませんね。

今の時点では、感覚的ですが「現行NISAで投資する方がよさそう。」という考えです。

意見交換会を機に、じっくり検討したいと思います。

おわりに

初のイベント参加で緊張してますが、どうぞよろしくお願いします。

参加するからには、ひとつくらいは気の利いた意見が出せるように頭を働かせたいと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




プロフィール

垂水ケイ

垂水ケイ

20代サラリーマン。2015年9月から投資をはじめ、インデックスファンドを積立ながら国内外ETFを買い足しています。1歳児ムスメの子育て奮闘中です。投資と子育てについて書きます。

folder 未分類

ブログ引越しのお知らせ
more...