仮想通貨ゲームまとめはコチラをタップ!

仮想通貨ブリッジコイン(BCO)はクリプトブリッジから配当金がもらえる仮想通貨!ステーキングのやり方まとめ

ここでは、ブリッジコインの特徴やステーキングについてまとめます。

ステーキングはクリプトブリッジという国内の登録事業者ではない分散型取引所を使います。

この記事はやり方を紹介するだけであり、分散型取引所の利用を推奨するものではありません。

ブリッジコインとは

分散型取引所「クリプトブリッジ」が発行

ブリッジコイン(BCO)はクリプトブリッジが発行する仮想通貨です。

発行元のクリプトブリッジは分散型とよばれ、ブロックチェーン上に存在している取引所になります。

分散型取引所は、Mt. GOXのように取引所が破綻してあなたの資産がなくなるようなことがありません。

中央集権型の取引所と比べた一番のメリットがコレです。

デメリットは、取引のたびに手数料が引かれてしまうこと、認知度が低いため板が薄いことです。

今後、分散型取引所のユーザーが増えれば改善する可能性は十分にあると思います。

ステーキングで配当金がもらえる

BCOは「ステーキング」をすることで配当金をもらうことができます。

MEMO
ステーキングとは、あなたの保有するBCOをクリプトブリッジに預けることです。クリプトブリッジの収益の50%をステーキングしているBCOの枚数に応じて分配されます。

配当金ときくと株式のように感じるかもしれませんが、あらかじめ定めた期間は預けっぱなしになるため、株式のように自由に売買できません。

ステーキングのメリット

仮想通貨には基本的には配当金がありませんから、資産を寝かしておいても枚数自体が増えることはありません。

預けておくだけでクリプトブリッジの利益の一部が還元されるのは他の仮想通貨にはない魅力です。

ステーキングのデメリット

資金が拘束されてしまい、その間に取引することができなくなります。

急騰の波に乗ることも、損切りすることもできません。

ステーキングが終わったらBCOの価値がどうなっているのかは誰にもわからないのです。

ブリッジコインの仕様

  • 通貨名:BridgeCoin(BCO)
  • 最大発行枚数:27,000,000BCO(2700万枚)
  • アルゴリズム:PoW
  • プレマイニング:なし
  • 公式サイト:https://bridgecoin.org/

ステーキングのやり方

  1. クリプトブリッジに口座開設する。
  2. ビットコインなどをクリプトブリッジに入金する。
  3. BCOを購入する。
  4. ステーキングを申し込む。

クリブトブリッジ

 

ウェブ取引所にアクセス

スクロールしていくと「WEB-VERSION」というボタンがあるので、クリックします。

あなたのPCに取引プログラムを直接インストールしてもいいのですが、WEB版が楽です。


アカウントの作成

新しくアカウントをつくるため、「Create Account」をクリックします。

ここで、右上に国旗のマークがみえると思います。

国旗をクリックして、日本の国旗を選択すると日本語に切り替わります。


パスワードの設定


アカウント名とパスワードを入力し、チェックボックスをクリックします。

注意
  • アカウント名は英数両方入れないと進めません。
  • パスワードを忘れるとアカウントにアクセスできなくなります。
  • 厳重かつ確認できるように保管してください。

問題なければ「OKです。ダッシュボードに連れて行ってください」をクリック。

ここまでで登録は完了です。メール認証などはありません。

ビットコインを入金する

メニューの「入金/出金」から上記の画面にいきます。

「新しいアドレスを取得」をクリックすると、BTCの送金先アドレスが表示されます。

あなたがお使いの取引所から、クリプトブリッジのBTC送金アドレスに送金します。

注意
BTCを送金するのであれば、必ずBTCのアドレスが表示されていることを確認してください。他の仮想通貨のアドレスに送るとなくなる可能性もあります。

口座開設をしていなくてBTCをまだ持っていない方は、登録がスムーズなコインチェックかGMOコインがオススメです。

最近のZaifは本人確認書類の到着に時間がかかるみたいです。仮想通貨人口が増えている影響ですね。

 コインチェックの口座開設

 GMOコインの口座開設

 BCOを買う

メニューの「取引所」からこちらの画面にきます。

画面右の仮想通貨リストから「BCO」を選択します。

あとは、指値なり成行なりで買えば完了です。

ステーキングを申し込む

申し込み手順

メニューの「アカウント」から「BridgeCoinステーキング」を選択すると、こちらの画面になります。

  1. ステーキングする金額を入力。
  2. ステーキング期間を設定。
  3. チェックボックスを確認。
  4. 「新しいBCOステーキングを作成する」をクリック。

ステーキングには手数料がかかります。私のときは、27.3142665 BCOでした。

「金額」の欄には、ステーキングするBCOの数量を入力します。

MEMO
枚数は整数で入力する必要があります。小数点以下はカットしてください。

ステーキング期間は、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月から選びます。

長くなるほどボーナスがつきます。

わたしはひとまず3ヶ月からスタートしました。

チェックボックスを確認のうえ、「新しいBCOステーキングを作成する」をクリックします。


ステーキング確認画面

確認画面です。「確認」をクリックするとステーキングが始まります。

ステーキングでもらえる金額

ステーキングでは、BCOの保有量に応じた配当金をもらうことができます。

計算式は次のようになっています。

クリプトブリッジからの支払い=あなたがステークしているBCO / クリプトブリッジ内での全ステークBCO×クリプトブリッジの利益

 

ステーキングで初報酬!

2017年12月15日にステーキングの初報酬をもらいました。

※すでに保有していた分はグレーで消してあります。MONAコインは消し忘れています。

各通貨がドバッともらえるため、保有通貨確認画面が賑やかになります。管理が面倒になるともいいます。

報酬を日本円で換算すると、約30円でした。

1400BCOをステーキングにだしており、3ヶ月コースなので20%ボーナスです。

1BCO=45円くらいのときに投資をしたので、63,000円に対して2週間あたり30円の配当です。

仮にこのペースで配当されたとすると、年間で780円になります。

年間利回りとしては1.2%で、株式投資の利回りと比べると正直かなりショボいです。

しかし、配当は仮想通貨でもらいます。つまり、日本円換算での評価額がどんどん上がる可能性はあります。

また、ステーキング報酬はクリプトブリッジの利益の50%が資金源ですから、クリプトブリッジのユーザーが増えて取引が盛んになればまだまだ増える余地はあります。

正直、楽しみです。

まとめ

クリプトブリッジの発行するBCOをステークして、配当金をもらう方法についてまとめました。

  • BCOは分散型取引所のクリプトブリッジが発行する仮想通貨。
  • 分散型取引所はMt. GOXのように破綻リスクがない。
  • BCOをステーキングすることで、保有量に応じた配当金をもらえる。
  • ステーキング中は、資産がロックされるので注意。

私が実際にもらった配当については、今後記事に追加していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.