BTC FX(ビットコインFX)とは?メリット・デメリットを解説

BTC FXとはBTCのレバレッジ取引

「BTC」とは代表的な仮想通貨のビットコインの通貨単位のことで、「BTC FX」とはビットコインを対象としたレバレッジ取引のことを指します。

取引所によって通貨ペアは異なるのですが、日本の取引所でBTC FXと言えば、一般的にはBTC/JPYの通貨ペアのことを指します。

ビットコインを対象にしているという点を除くと、取引ルールに関して言えば外国為替証拠金取引とそれほど大きな違いはありません。ただ、ビットコインは法定通貨ではないため、BTC FXにはスワップ収入が無いなどの特徴があります。

 レバレッジとは?

レバレッジとは日本語でテコを意味する単語で、FXの世界では証拠金を預けることでその数倍から数十倍以上の取引が可能です。この倍率のことをレバレッジと呼びます。

テコの原理といえば、少ない力でより大きなモノを動かすことができる物理学の現象のことなのですが、FXの世界では少ない金額でより大きな金額を動かせることから、レバレッジという単語が広く使用されています。

どの程度のレバレッジをかけられるかは、取引所によってそれぞれ異なります。海外ともなると、最大レバレッジが100倍以上の取引所もあります。

日本の場合、金融庁の規制もあってか、最大レバレッジは25倍までとなっています。仮にレバレッジを25倍に設定した場合、どのような取引ができるのでしょう?

例えば、ビットコインの価格が100万円で、レバレッジが25倍だとします。この設定で1BTCの売買をするのに必要な証拠金は、

100万÷25=4万円

となりますので、必要証拠金は4万円となります。

ビットコインの1枚あたりの価格が100万円の時、現金が4万円しか無いのであれば、本来であれば0.04BTCの取引しかできません。しかし、レバレッジをかけることで、持てる資産の倍以上の取引ができるため、BTC FXは現物取引以上にハイリスクハイリターンだと言われています。

先物取引とFXの違い

レバレッジ取引ができるという点に関して言えば、先物取引もFXも同じ取引であるように思われます。この二つにはどのような相違点があるのでしょう?

先物取引とは、将来の価格を予測し、売買をする取引のことで、FX同様に売り注文ができるなどの特徴があります。

売り注文が可能で、レバレッジ取引ができる先物取引なのですが、FXと違って先物取引には期日が存在します。

もしも先物取引で注文をした場合、期日を迎えると強制的に決済されることになります。これがFXとは異なる大きな違いでしょう。

先物取引と違い、FXの場合、期日はなく、永久にポジションを保有することが可能です。ただし、レバレッジ手数料が発生することがあるため、保有し続けると手数料分だけマイナスになる恐れがあります。

BTC FXのメリットとは?

BTC FXには、現物取引にはないメリットがあります。

BTC FXならば下降トレンドが発生している時でも利益を出すことが可能です。さらに、レバレッジをかけることで、少額からの取引ができます。他にも、現物取引よりも有利なスプレッドで取引が可能など、様々なメリットがあります。

下落相場やレンジ相場でも利益を出せる

現物取引の場合、利益を出すためにはまずビットコインを購入し、値上がりをしてから売却をする必要があります。そのため、下落相場やレンジ相場のような、値上がりが期待できない場面においては利益を出すことができません。

しかし、BTC FXならば、レンジ相場はもちろん、下落相場であっても利益を出すことが可能です。というのも、FXは現物取引と違い、新規売り注文が可能だからです。

新規売り注文とは、要するに売りからエントリーをするということです。ビットコインを持っていないのに、ビットコインを売るという行為は一見すると不思議な現象ですが、FXならば可能です。

FXでビットコインの新規売り注文を出すと、取引所から売るのに必要な分のビットコインを借り受け、それを売ることになります。

その後、ビットコインの価格が下がった時に買い戻すことで、値下がりした分の利益を獲得することができます。

例えば、1BTC100万円の時に1BTCの売り注文を出し、1BTC90万円まで下落した時に1BTCを買い戻すと、

100万円(新規売り)-90万円(買い戻し)=10万円

となりますので、10万円の利益が手元に残ります。

ビットコインが暴落すると、現物取引の場合、損切りぐらいしかできることがありません。しかし、BTC FXの場合、暴落が発生した時に新規売り注文を出すことで、大きな利益を狙うことができるのです。

レバレッジをかけた取引ができる

BTC FXは現物取引と違い、レバレッジをかけることで少額からの取引が可能というメリットがあります。

これが現物取引の場合、ビットコインの取引をするにあたってその時のレートに応じた金額が必要となります。

例えば、1BTC100万円の時、1BTCを購入するためには100万円が必要となります。しかし、BTC FXならば、レバレッジを設定することで、これよりも安い金額でビットコインの取引が可能です。

かつては少額から購入することができたビットコインですが、2017年に暴騰して以降、ビットコインの価格はとても高くなっています。1BTCを購入するだけでも大きな出費となるでしょう。

しかし、BTC FXならば、1BTCの取引ですら少額から行えるようになるため、2017年の仮想通貨ブームに乗り遅れた投資家であっても、まだまだ利益を獲得するチャンスに恵まれます。

狭いスプレッドで取引可能

現物取引と比較すると、FXはスプレッドが狭くなる傾向があります。特に販売所のスプレッドと比較すると、その狭さは明確です。

販売所の場合、ビットコインのスプレッドは1万円以上開いているものなのですが、FXの場合はスプレッドが1000円以下が珍しくありません。取引所によっては、スプレッドが10円以下にまで落ちることがあります。

スプレッドが狭くなることで、BTC FXでは長期投資だけでなく、デイトレードのような短期売買による利益も狙うことができます。

BTC FXのデメリットとは?

BTC FXには確かにメリットもありますが、それ以上にデメリットもあります。まず、レバレッジをかけるということは、リターンを増やせる一方で、リスクも増大します。

場合によっては、元本以上の損失が発生し、資産がマイナスに転じることもあるでしょう。リスクが高い取引のため、取引をする際にはリスク管理を徹底させる必要があります。

資産を一気に失う可能性がある

BTC FXでレバレッジをかけると、その分だけリスクが増大するので注意しましょう。例えば、1BTC100万円の時に値下がりが起こり、1BTC99万円まで下落したとします。

現物取引の場合、1BTCあたり1万円分の損失が発生したことになります。しかし、これがFXで、レバレッジを25倍に設定した場合、この1万円の下落で、25万円分もの損失を被ることになります。

仮に証拠金が100万円で、レバレッジを25倍に設定した状態で取引をするとして、その状態で4万円分の値動きが発生すると、それだけで100万円の損失を受けるリスクがあります。

もちろん、思惑通りにレートが進めば、一度に100万円の資産を手にし、証拠金を倍増させることも可能でしょう。しかし、思惑を外すと、大損害を被るかもしれません。

追証があると投資元本以上の損失になることも 

FXには追証と呼ばれる制度があります。これは含み損を抱えることで証拠金維持率が所定の比率を割った時に発生するものです。

追証が発生した際には追加で証拠金を入金し、証拠金維持率を所定の比率にまで戻す必要があります。

例えば、必要な証拠金の額が100万円で、含み損を抱えることで証拠金が90万まで下落した場合、追加で10万円を入金しないと、追証を解消できません。

もしも追証を解消できない場合、取引所によって強制的にポジションを決済されることになります。強制決済を防ぐためには常に追証を解消し続けないといけません。

ただ、この追証を解消するという動きをし続けている限り、資金はどんどん減っていきます。やがては投資元本を上回る資金を追証解消のために費やすことになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.