仮想通貨ゲームまとめはコチラをタップ!

【ブロックチェーンゲーム関連株】セレス<3696>の動向|くりぷ豚とは?

ポイントサイトなどを運営するセレス<3696>が、グッドラックスリーと共同で国内初のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」をリリースしています。

今はまだゲームだけですが、ポイントサイトの概念と仮想通貨は相性がいいです。ブロックチェーン銘柄としても注目したい会社です。

セレスとは?

セレスはmoppyやお財布.comなどのポイントメディアの運営をしています。

国内仮想通貨取引所である「bitbank」とも資本業務提携を行っている他、最近では、ブロックチェーン研究開発ベンチャーの「シビラ」と資本提携を行ったり、「グッドラックスリー」と国内初の仮想通貨ゲームを開発したりと、ブロックチェーン関連事業への関わりも見せています。

 

セレスの株価


シビラは、トレーサビリティ(追跡性)・コントラクト・プラットフォームとなる「Broof」を提供しています。

活用事例は以下のスライドがわかりやすかったので引用します。

出典https://sivira.co/pdf/broof_20170607-ja.pdf

詳細はコチラ

くりぷ豚とは?

  • 仮想通貨「イーサリアム」で豚を売買・育成するゲーム
  • 配合で新種が出れば高値で売れることも!?
  • 将来的にはミニゲームが実装される予定

くりぷ豚は従来のゲームとは異なり、ブロックチェーンの技術が用いられています。

これまでのゲームはゲームアセットは運営会社のサーバーに保管されており、そこからプレーヤーに貸し出すような形をとっていました。

一方でブロックチェーンゲームでは、ゲームアセットはブロックチェーンに保管されているため、所有権はプレーヤーにあり自由に売買することができます。

くりぷ豚の場合は、豚がブロックチェーンに保管されて、プレーヤーが売買を楽しむわけです。

くりぷ豚は既にリリースされており、実際にプレイして仮想通貨を稼ぐこともできます。

詳細なやり方は「国産仮想通貨ゲーム「くりぷ豚」がリリース|スマホでの始め方・やり方を解説」を参考にしてください。

まとめ

セレスのブロックチェーン関連事業への動向と国内初のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」についてまとめました。

自身はポイントサイトを運営しており、今後ブロックチェーン技術の導入も十分に考えられます。

今後の動向も楽しみです。

セレス以外の国内ブロックチェーン関連株は「【最新情報】ブロックチェーンゲーム関連銘柄|国内企業の動向まとめ」をごらんください。

海外にまで目を向けるのであれば「ブロックチェーンゲーム関連銘柄10選|日本株・中国株・米国株」をどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.