仮想通貨ゲームまとめはコチラをタップ!

【カードが資産に!?】コントラクトサーヴァント|ブロックチェーンカードゲーム

ブロックチェーン技術を利用したカードゲーム「コントラクトサーヴァント」がアクセルマークから発表されました。

ブロックチェーンゲームのメリット・デメリットを交えながら、コントラクトサーヴァントの紹介をします。

コントラクトサーヴァントはどんなゲーム?

  • 3×5のマスにカードを配置して戦う戦略型カードゲーム
  • カードの一部はブロックチェーンに保管されるトークンで資産性がある
  • トークン化されているカードは、プレーヤー自身が所有し、自由に売買できる
  • サーヴァントから新たなサーヴァントが生み出される
  • 非トークン型のカードもあり、仮想通貨未経験でもプレイできる

垂水ケイ

従来のカードゲームとの違いも解説するぜ。

注意
事前情報のため、変更される場合があります。

マスにカードを配置してバトル

コントラクトサーヴァントは、3×5のマスに8枚のカードを配置してバトルさせるカードゲームです。

カードには各種ステータスやJOBが設定されており、配置できるマスが変わります。

  • 前列は盾となる防御サーヴァント
  • 中列にはアタッカーとなる攻撃サーヴァント
  • 後列には魔法や回復サーヴァント

 

このように配置します。

攻撃ターゲットは暗号で決まる

「暗号」という表記がいまいちわかりにくいんですが、おそらく、カードにそれぞれ決められたステータスが存在しており、前列を攻撃しやすいサーヴァントがいたり、中列を攻撃するサーヴァントがいると考えられます。

垂水ケイ

ウォーリアー(前列特化)とかアーチャー(中列特化)とかそんな感じかな?予想だけど!

カードはトークン化されている!トークンって?

トークン化カードのメリット①:代替不可能

コントラクトサーヴァントでは、ブロクチェーンの技術が使われており、カードがERC-721トークン化されています。

ERC-721の規格でトークン化されていると、1枚1枚が独立して代替不可能なカードとなります。

従来のスマホカードゲームでは、カードのデータは共通で、運営のサーバーに保管されていました。例えば、「モンスターAは攻撃力1000、防御力1000」と決まっていれば、どのプレーヤーが保有していても同じです。

トークン化されていて代替不可だと、「攻撃力1000、防御力1000のモンスターA」のカードは1枚だけになります。厳密には、同じステータス・名称のカードがあるかもしれませんが、ロット番号が違います。

トークン化カードのメリット②:売買可能

トークン化されていないカードは、運営会社のサーバーにデータが保管され、見かけ上はプレーヤーが保有していることになっていますが、実際にプレーヤーには所有権がありません。

トークン化されたカードはブロックチェーンに保管されます。そこにアクセスできるのは、秘密鍵を知っている所有者であるプレーヤーだけです。

所有権がプレーヤーにあることで、自由に売買することができます。強いカードを入手できればお金を稼ぐこともできる可能性があるわけです。

代替不可であり、自由に売買できることからトークン化カードは資産性があるんです。

トークン化カードのメリット③:サーヴァントから新たなサーヴァントが

ゲーム名にもあるように、コントラクトサーヴァントは、イーサリアムのスマートコントラクトが利用されます。スマートコントラクトとは、ざっくりと言えばブロックチェーン上で動作するプログラムだと思ってください。

これを利用することで、ブロックチェーン上のトークン化したサーヴァントから、新たなサーヴァントを生み出すことができます。

トークン化されたカードのデメリット:仮想通貨での購入が必要

トークン化されたカードは、イーサリアムブロックチェーン上に保管されます。そのため、売買には仮想通貨イーサリアム(ETH)が使われることが予想されます。

「イーサリアムなんて持ってないよ!」

って方がほとんどだと思います。

これからイーサリアムを購入してゲームをプレイするのは、ちょっとハードルが高いですよね。

心配な方は「bitbank(ビットバンク)の使い方|イーサリアムを買ってMETAMASKに送る方法」を読んでみてください。METAMASKというのは、ブロックチェーンゲームをプレイするために必要なアドインです。

仮想通貨を持ってなくても大丈夫!

しかし、コントラクトサーヴァントでは、初心者でもゲームをプレイできるように、トークン化されていないカードを使ってプレイすることもできるとのこと。

  • カードに資産性を求め、トレードなどで稼ぎたい方はトークン化カード
  • ライトなプレーヤーは非トークン化カード

このように使い分けができるようになっています。

コントラクトサーヴァントの事前登録・キャンペーン情報

7月5日現在、事前登録やキャンペーンの情報はありません。

まとめ

アクセルマークが発表したコントラクトサーヴァントについてまとめました。

ブロックチェーンの技術が使われており、トークン化したカードはプレーヤーであるあなたの資産になるポテンシャルをもっています。

トークン化されたカードはそれぞれが独自のステータスをもっていることから、「定番デッキ」みたいなものが組みにくくなっており、自分でよく考える必要がでてきます。

戦略性・ゲーム性ともに高くなりそうな期待のゲームです!

最新情報は公式ツイッター(@CSCG_JPをフォローしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.