【超期待!】対戦型アクションRPG「9LIVES」とは?|ENJINのブロックチェーンゲーム

ブロックチェーンゲームの進化が凄いです。

ダークソウルのPvP並みのアクションRPG「9LIVES」が発表されました!

正式リリースは2019年春ですが、ムービーなどもいくつか出ているので、分かっている情報をまとめます。

9LIVESの特徴

垂水ケイ

まずは動画を見て!

従来型のゲームとなんら変わらないレベルにまで来てます!

そんな9LIVESの特徴がコチラ。

  • キャラクターはENJINのERC1155
  • 1vs1の対戦型アクションRPG
  • 9のライフを持っており、全てロストするとキャラクターは永久に失われる
  • モバイルから指示を出せるサポーターにマイニングやクラフティングを頼める

9LIVESではキャラクターや武器がトークン化されている

ティザー動画で出てきたキャラクターは、ERC1155という規格のトークンで、ブロックチェーンアセットです。イーサリアムではなく、ブロックチェーンゲーム特化のプラットフォームであるENJINを使っています。

従来のゲームは、キャラクターが運営のサーバーに保管されており、所有権はプレーヤーにありませんでした。9LIVESではキャラクターがブロックチェーンに保管されており、所有権はそこにアクセスできるプレーヤーのあなたにあります。

MEMO
ERC1155トークンとは、ざっくり説明すると、トークンをセットにできる規格です。例えば、ERC721のキャラクターにERC20の装備を持たせて、まとめてやりとりすることができます。

ダクソのPvPのような対戦型アクションRPG

9LIVESは1vs1のアクションRPGです。ダークソウルのPvPをプレイしたことのある方は、それに近いイメージを持ってもらえればOKかと。

ステータスバーの左に「9」の数字がありますが、9LIVESではこの数字がすべてなくなると、キャラクターが永遠に失われます。仮想通貨でいうバーンのようなシステムです。

ブロックチェーン上に保管されているキャラクターには資産性もありますから、キャラクターが失われないようにみんな必死になること間違いなしです。

強いビルドのキャラクターやそれに必要な武具を持っていれば、キャラクターを失う前のマーケットで高く売るってのもアリですね!

マイニング・クラフティングのサポートシステム

Ooogyというゴブリン的なキャラクターを使役して、マイニングやクラフティングを任せることができます。

プレーヤーがPCの前を離れていても、モバイルから指示を出すことができるようになるみたいなので、ドブラック企業ばりに働かせることができそうです。

Ooogy

9LIVESのロードマップ

公式サイトにはロードマップが乗っていなかったので、テレグラムで直接聞いてみました。

これで教えてくれちゃうブロックチェーンゲームでの開発とプレーヤーの距離感が好きだったりします。

8月にファンディングプラットフォームのkickstarterでアルファのテスター権利をもらえるみたいです。

リリースは2019年の春に、ゲームストアプラットフォームのsteamでリリースするとのこと。

詳細は分かり次第また記事にまとめますね!

9LIVESのツイッターでの評判

この記事をリリースしたら、みなさんから多数コメントもらいました!いくつか紹介します。

界隈のブロックチェーンゲーマーたちもかなり驚きのクオリティーです。

私も驚きました。進化についていくのに必死です!

まとめ

超期待のアクションRPG「9LIVES」について紹介しました。

ENJINのプラットフォームを使ったゲームで、キャラクターがERC1155のトークンだという技術的な面白さもありますね。

同じENJINベースのゲームには「War of Crypto」なんてのもあります。こちらもチェックしてみてください。

ブロックチェーンゲームはクリプトキティのような、放置・収集ゲームが始まりでしたが、1年もたたないうちにどんどん進化していっています。

アクションゲームが好きでブロックチェーンゲームに興味のある方は、CryptoConjureもウォッチ必須ですよ!

CrypticConjure(クリプトコンジャー)|スペルで戦うアクションRPG」をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.