仮想通貨ゲームまとめはコチラをタップ!

BitGuild(ビットギルド)とは?ゲームをしながらアイテムを取引できるプラットフォーム|使い方・登録方法

ブロックチェーンゲームプラットフォーム「BitGuild(ビットギルド)」について紹介します。

垂水ケイ

イーサオンライン、アクシー、ETH. TOWNなどの人気のブロックチェーンゲームと提携していることから、期待感が高まってきているね!

BitGuildへアクセス

BitGuild(ビットギルド)とは?どんなことができるの?

  • ブロックチェーンゲームをしながら、アイテム取引やチャットができるコミュニティプラットフォーム。
  • PLATトークンを使って、ゲーム同士の橋渡しをする。

垂水ケイ

BitGuildはブロックチェーンゲームを遊ぶためのプラットフォームを目指しているよ。

ゲームをしながらチャットができる

ビットギルドでは、サイト内でブロックチェーンゲームを起動することができます。

イーサオンラインを起動した状態がコチラです。

ゲームをプレイする画面、ウォレット、チャットが一体となっています。

普通にイーサオンラインをプレイすると、ウォレットのETHはMETAMASKを開いて確認しますし、チャット機能なんかは付いていません。

ネトゲなんかでは当たり前ですが、チャットしながらゲームできるってのは楽しいです。

ゲーム側で実装することもできるでしょうけど、プラットフォーム側に最初から備わっていれば開発する側も楽になりますよね。

ゲームアセットの取引が簡単だからゲームが盛り上がる

ビットギルドではアイテムの取引も簡単にできます。

ビットギルドはイーサオンラインのラッキードローを得るためにめっちゃ使いました。

>>イーサオンライン ラッキードロー復帰への道のり

仮にゲーム側でマーケット機能が備わっていなかったとしても、ビットギルドと提携さえしていればアイテムのやり取りができちゃうんです。

アイテムのやり取りが効率化すれば、プレーヤーは少額からゲームを楽しむことができるようになり、参入のハードルが下がります。

プレーヤーが増えれば、マーケットの活性化しますから好循環が生まれますよね。

PLATトークンを使ってゲームの橋渡しをする

例えばゲームAで「GOLD」、ゲームBで「ZENY」という通貨がそれぞれあったとします。

ゲームAのアイテムを売ってゲームBでアイテムを買うためには、

ゲームAのアイテム→GOLD→ETH→ZENY→ゲームBのアイテム

という手順を踏む必要があります。

しかし、ビットギルド内のゲームでは共通通貨PLATが使えます。

これによって、取引が一気に簡単になります。

ゲームAのアイテム→PLAT→ゲームBのアイテム

ビットギルドの使い方

登録方法

METAMASKをアンロックした状態で初めて公式ページにアクセスすると、登録フォームが出現します。

完全ではありませんが日本語対応しているので「日本語」を選択し、メールアドレスとアカウント名を入力して登録します。

登録作業はこれだけ。1分もかからずに終わりますね。

注意

複数のETHアドレスで共通のメールアドレスを使うことはできませんのでご注意ください。

BitGuildへアクセス

ゲームのプレイ方法

公式トップページからゲームを選択し「▷PLAY」をクリックすれば始まります。

PLATの買い方

画面右上の+マークをクリックすると、こちらのポップアップが出現します。

レートは1ETH=60000PLATです。

買いたい数量を入力して「PURCHASE」をクリックすると、トランザクションが発生しますから承認してください。

しばらくするとウォレットに反映されます。

PLATの使い方

イーサオンラインの例です。対応していくゲームでは、このようにPLAT払いが選択できるようになっています。

アイテムの買い方・売り方

マーケットはまだ実装されていません。

実装後に追記します。

今はプレーヤー同士で直接交渉して、アイテムを送りETHを送り返してもらうというアナログな方法しかできません。

アイテムの送り方

上部メニューの「MY ITEMS」からこちらの画面に映ります。

送りたいアイテムの「GIFT」ボタンをクリックし、送り先のETHアドレスを入力し、トランザクションを承認すれば完了です。

注意
マーケットが実装されていないため、プレーヤー同士での直接交渉・直接取引しかできません。トラブルに発展しないよう、信頼できる方だけと取引するようにしましょう。

ビットギルド取引での注意点・マナー

アイテムがなかなか届かないと、相手を不安にさせてしまいます。

Ether Gas Stationで早く届くために必要なgas代を確認して設定しましょう。

▼Fast以上で設定することをお勧めします。

▼gas代の調整はMETAMASKからできます。

▼トランザクションを発生させたら、EtherScanのアドレスを相手に送りましょう。

トランザクションをクリックすると「EtherScan」というページが表示されます。

URLをコピペして相手に送ってあげると、取引の状態を相手が確認できます。

ビットギルド対応のゲーム(5月20日時点)

対応済みのゲーム

  • イーサオンライン
  • Magic Academy

対応予定のゲーム

  • アクシー
  • ETH. TOWN
  • Mythereum

まとめ

ビットギルドの使い方をまとめました。

まだ対応しているゲームは少なく、チャットも日本語を見ることはありませんが、アイテムの送付ができるのはかなり便利です。

ラインナップにあるゲームも話題になっているものばかりですから、今後ユーザーが増えて取引が活発になっていくことが期待できます。

ブロックチェーンゲーマーは要チェックのプラットフォームです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.