2018年に発生する仮想通貨関連の詐欺を考えてみた

2018年が始まって早々にコインチェックのハッキング騒動が話題になっていますね。

「仮想通貨ってめっちゃ稼げるらしいじゃん!ヤバくね!?」

みたいな人は今回の暴落で減ったとは思いますが、まだまだ参加者は増え続けています。

しかもコインチェックのせいで下手に話題になってしまいましたから、世間的には「全く知らないもの」から「コインチェックで騒がれてるもの」くらいには認知度が上がっています。

つまり、「仮想通貨はニュースでみた」くらいの知識レベルの人が爆発的に増えた状況といえます。

今後はこんな方々をターゲットにした詐欺も激増することは容易に想像がつきます。

そこで、起こりそうな仮想通貨関連詐欺をいろいろと考えてみました。

「このパターンはあかんヤツや!」

って覚えておけば詐欺にあうリスクが下がるハズ。

ICOでお金だけ集める

ICOとはInitial Coin Offeringの略で、プロジェクトを立ち上げる際にトークンを発行し、それを買ってもらうことで資金を集める方法です。プロジェクトが立ち上がればトークンのホルダーになにかしらメリットがあります。

最近はICOによる資金調達が激増してきており、詐欺案件も増えてきています。

「我々のプロジェクトはこんなことを実現するんだ!」

「成功すればこんなすごいことになるぜ!」

「超革命的!投資しないとか勿体無い!」

といった感じで夢を語りお金を集めます。

そのあとは、

  • 集めたお金を持ってトンズラ。
  • プロジェクトは失敗しました。てへぺろー。

いかようにでもなります。

最近は詐欺情報も多く出回るようになってきました。

「ICOの案件名+scam(詐欺)」とかで検索して雰囲気を掴んでみましょう。

というか、ある程度詐欺かどうかを自己判断出来る基準がないなら投資しないほうがいいです。

エアドロップで秘密鍵聞き出し

最近はエアドロップも流行っています。

MEMO
エアドロップとは、仮想通貨の認知度を上げるためのマーケティング手法の一つで、コミュニティーの参加やシェアをする代わりにトークンをタダでもらうことのできる仕組みです。

詐欺は流行に乗じてやってくるのが常ですから、エアドロップ関連の詐欺も増えています。

「トークンタダであげるね!手続きの都合上、君のウォレットの秘密鍵が必要なんだ。教えてね!」

こんな感じで秘密鍵を聞き出そうとしてくるみたいです。

注意
秘密鍵を渡すということは、通帳に印鑑をつけた上に「資産取られても文句ありません」って一文をオマケしてプレゼントするようなものです。絶対に教えてはいけません。

ウォレットに保管してある資産を丸ごと盗まれてしまいますから、秘密鍵を聞き出そうとしてくる案件は100%詐欺です。

99%とかじゃないです。100%詐欺。

フィッシング詐欺

プロジェクトの公式ツイッターが注意喚起でつぶやいているのを見かけることが増えてきました。

MEMO
フィッシング詐欺とは偽のサイトを作って、ログインIDやパスワードを入力させて、不正アクセスに使用する詐欺のことです。

これは慣れた人でも油断すると引っかかってしまいます。

  • 取引所そっくりの詐欺サイト
  • ウォレットそっくりの詐欺サイト
  • 公式ICOそっくりの詐欺サイト

フィッシング詐欺で作られているのはだいたいこの3つです。


検索画面で上の方に「広告」と書かれた検索結果が表示されます。

「広告を打っているんだから公式だろう」

なんて考えてしまいがちですが、ここはお金を払えば掲載することができてしまいます。

つまり、詐欺サイトをつくってお金を払っているケースもあるわけです。

取引所やウォレットはブックマークに登録し、そこからアクセスするようにすることで防ぐことができます。

また、万が一ログインIDやパスワードを入力してしまっても資産を盗まれないように、二段階認証をしておくことやパスワードの使い回しをしないことは必須です。

手数料詐欺

最近見かけたのは「コインチェックの出金のためには0.02BTCを送金してください」というものでした。

何かにつけて「手数料として送ってください」というのは詐欺の可能性が高いです。

  • あなたの取引所アカウントがロックされました。解除するためにBTCを送ってください。
  • あなたはエアドロップで1万トークンを受け取る権利があります。受け取り手続きのためにBTCを送ってください。

などなど、いくらでも考えられますね。

「ヤバイ!急いで送らなきゃ!」

となるまえに一呼吸入れてください。

  • メールなら送信元は公式でまちがいないか?
  • ツイッターなら公式アカウントかどうか?

最低限これを確認するだけでも詐欺に引っかかるリスクは減ります。

「必ず儲かる」系

これはもはや議論の余地なし。

詐欺。

まとめ

ICOが増えてきた2018年。発生しうる詐欺を考えてみました。

  • ICOでお金を集めてトンズラ。
  • エアドロップで秘密鍵の聞き出し。
  • フィッシング詐欺。
  • 手数料詐欺。
  • 必ず儲かる系。

悪いヤツラはこれらの手法を単独だけではなく、巧妙にカモフラージュさせてあなたの資産を狙ってきます。

大切な資産を守るためのリテラシーをレベルアップさせましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.