ビットコインは高くて買えない?最低購入金額を知って1000円からの少額投資してみよう

ビットコインの値段が1BTC=80万円を越えましたね。

「ビットコインに興味があったのに、さすがにもう買えないなー」

なんて諦めていませんか?

ビットコインはもっと少ない単位で取引することができます。

投資金額が少なければ、失敗した時のダメージも小さいですから低リスクで投資をスタートすることができます。

国内取引所の最低購入金額一覧:0.0001BTC〜購入可能

取引所最小取引単位
GMOコイン0.0001BTC
bitbank.cc0.0001BTC
Zaif0.001BTC
coincheck0.001BTC
bitFlyer0.001BTC

1BTC=80万円とすると、GMOコインやビットバンクの0.0001BTCは80円になります。意外と少額から取引できると思いませんか?

手数料などを考えると、最低投資金額だけで投資するのは損になりやすいためオススメできませんが、

「ビットコインを1万円分だけ買ってみたい!」

なんてこともできるということだけ知っていただければオッケーです。

ビットコイン少額投資のメリット:失敗してもダメージが少ない

仮想通貨の価格変動は非常に大きいため、数日で資産が半分になるようなこともあります。

いきなり100万円も投資して、一気に50万円以下にまでなってしまったらかなりショックです。

少額投資ならダメージも少なくなるため、

  • 仮想通貨投資は怖いけど、興味はあるからちょっと買ってみたい。
  • 勉強のためにまずは少額でいいから買ってみたい。

あなたがこう考えているのであれば、オススメの投資方法です。

仮想通貨への第一歩を踏み出すのはなかなか勇気がいります。

このブログでは、少額投資以外にも怖くないビットコイン投資のはじめ方!を紹介しています。

よかったら読んでみてください。

ビットコイン投資はなぜ怖い?その理由と対策をまとめてみた

ビットコイン少額投資の注意点:「手数料無料」がポイント

投資額が小さい時には、手数料に注意しなければいけません。

特に気をつけなければいけないのが、入金・出金手数料です。

入金に銀行振込を使う場合は、それぞれの銀行で定められている所定の振込手数料が発生します。他行宛だと400円くらいかかります。

最小単位の0.0001BTC(仮に80円とします。)を買うために、手数料で400円も支払うのは非常にもったいないですし、お試しだとしても投資効率が悪すぎます。

取引所によっては出金手数料もかかります。ビットコイン投資がうまくいき、日本円に戻してあなたの口座に振り込んでもらう時にかかる手数料ですね。これも400円くらいかかる取引所が多いです。

最悪な例を紹介します。

「まずは1000円くらいからチャレンジしてみよう!」

  • 0.001BTCを買うために800円入金する。
  • うまくいって1BTC=160万円になった!
  • あなたの保有資産は1600円。
  • 満足したあなたは、1600円引き出す。

最初に入金手数料がかかっていますね。(-400円)

さらに、出金手数料もかかりますね。(-400円)

トータルリターンは、1600円 – 400円 – 400円 = 800円

なんと、投資だけで見れば資産が2倍になっているのに、手数料によって勝ち分が打ち消されてしまいます。

実際には出金最低金額もあるのでちょっと恣意的すぎる例でしたが、入金・出金手数料には気をつけなければいけないのは伝わったでしょうか。

住信SBIネット銀行を使って入金手数料を無料にする方法

入金手数料はネットバンクを上手に使えば無料にすることができます。特にオススメなのが住信SBIネット銀行です。

住信SBIネット銀行はほとんどの取引所の取り扱い口座として選ばれているため、同じ銀行同士の送金になるため手数料がかかりません。

取引所取り扱い銀行
bitFlyerSBI、三井住友
ZaifSBI
coincheckSBI、りそな
bitbankSBI
BITPOINTSBI、ゆうちょ、東京スター
GMOコインSBI、楽天

住信SBIネット銀行のメリットは、手数料以外にも3つあります。

  1. 土日や夜間でも利用可能。
  2. 入金がスグに反映される。
  3. スマホから簡単に振込可能。

出金手数料を無料にする方法:出金手数料無料の取引所を使う!

出金はあなたが住信SBIネット銀行を使っていても関係なく、取引所ごとに定められた手数料がかかります。

無料にするウラワザ的な方法はなく、最初から出金手数料が無料の取引所を使うしかありません。

出金手数料が無料の取引所はGMOコインです。

GMOコインはクイック入金(住信SBIネット銀行と楽天銀行が対応)の手数料も無料になっています。

 GMOコインの口座開設はコチラ

GMOコインで1000円分のビットコインを買ってみた!

GMOコインは入金手数料が無料になっているため、少額投資をしてみたい方にオススメの取引所です。

上場企業であるGMOインターネットのグループ会社でもあり、信頼性が高いことが特徴です。

事前準備:GMOコインへの登録

ビットコインを買うためには、口座開設と本人確認を完了させておく必要があります。難しいことはありません。

  • 口座申し込み(5分)
  • 個人情報登録、本人確認書類アップロード(5分)
  • 本人確認ハガキ受領(2~3日)

住信SBIネット銀行からGMOコインへの入金

「入出金」→「日本円」から入金手続きを行います。

今回は住信SBIネット銀行のパターンを紹介します。


「即時入金」の「住信SBIネット銀行」を選びます。


入金額を入力します。入金の下限が1000円なので、今回は1000円と入力。


あとはいつも通りの住信SBIネット銀行の手続きを進めれば入金完了です。

ビットコイン購入

「トレード」→「仮想通貨現物売買」にいきます。


「ビットコイン」を選択し、「金額指定」か「数量指定」かを選びます。

GMOコインの最小取引単位は0.0001BTC(約80円)です。

80円じゃ物足りないので、今回は0.001BTC(約800円)買ってみます。

「数量指定」で「0.001」をクリックし、購入ボタンを押します。


あとは6秒以内に「確定ボタン」をクリックすれば、購入完了です。

ビットコイン売却

次は売ってみます。基本は同じ。

金額か数量を入力して、売却ボタンをクリックすれば完了です。

GMOコインからの出金

出金は1万円からになります。ちょっとずつ投資して、1万円を越えてから出金してもいいですし、1万円に満たない分を追加で入金してまとめて出金してもOKです。

「入出金」→「出金」から行います。


出金依頼額を入力して、2段階認証後、「確認画面へ」ボタンをクリック。

あとは進めていけば出金完了です。

まとめ:ビットコインは1000円以下でも買える

ビットコインの最低投資金額についてまとめました。

  • 1BTC=80万円を越えていても、1000円以下で購入可能。
  • 少額投資をするときは、入出金手数料に注意。
  • 住信SBIネット銀行とGMOコインの組み合わせがオススメ!

仮想通貨の値動きは激しいですからね。まずは1000円~1万円くらいの少額ではじめてみてはいかがでしょうか。

 GMOコインの口座開設はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.