分散型レンディングプラットフォームCompoundを使ってETHを運用してみよう

イーサリアムの金融系DAppsに注目が集まってきています。この記事で紹介するのは、分散型レンディングプラットフォームの「Compound」です。

compoundではETHなどの仮想通貨を担保に、仮想通貨を借りたり、貸付によって利子を得ることができます。

Compoundの概要

  • コントラクトーウォレット間で仮想通貨の貸し借りができる。
  • 仮想通貨を貸し出して利子を受け取ることができる。
  • 仮想通貨を担保に仮想通貨を借りることができる。

compoundは仮想通貨の貸し借りを行うサービスです。国内の取引所でも、仮想通貨を貸し出して利子を受け取るサービスを提供している会社がありますが、compoundでは対取引所ではなく対コントラクトであることが特長です。

特定の運営母体がないので、次のようなメリットがあります。

  • 取引所のハッキングによる仮想通貨流出リスクがない。
  • コントラクトで自動的に動くので運用コストが低い。
  • 仮想通貨を担保に取っているので、貸付をしても取りはぐれるリスクが低い。
  • 貸付時に面倒な手続きが不要で、compoundのコントラクトに仮想通貨を預けるだけで良い。
  • 借りるときもcompoundのコントラクトに担保を預け、預けた量に応じて審査なしで仮想通貨を借りることができる。

Compoundに仮想通貨(ETH)を貸し出す

  1. 貸し出す通貨を選択
  2. 貸し出す通貨を有効にする
  3. ETHをWETHに変換する
  4. WETHを貸し出す

貸し出しをするために、通貨を選択して有効化する必要があります。

通貨を選択し、ENABLE WETHのボタンをクリックし、トランザクションを通せば完了です。


WETHとはETHと1:1で価格が固定されている仮想通貨です。DAppsでETHそのものを取引するときに、WETHに変換してから使います。

変換する金額を入力し、WRAPをクリックします。トランザクションを通せば、ETH→WETHの変換は完了です。

最後は、貸し出したいWETHを入力して「SUPPLY」をクリック。あとは勝手にcompoundがレンディングしてくれます。

compoundからETHを回収する

同じ画面で「WITHDRAW」タブを選択し、引き出したいWETHの数量を入力後「WITHDRAW」ボタンをクリックすれば完了です。あなたのウォレットにWETHが戻ってきます。

compoundの利率は?

compoundでの利率は変動しており、こちらで確認することができます。

https://app.compound.finance/#Markets

利率は「Supply APR」で確認できます。上の図では6.86%ですね。なかなか悪くない数字じゃないでしょうか。

仮想通貨を担保に仮想通貨を借りる

compoundでは、仮想通貨を貸し出すだけでなく、預けている資産を担保に自分が借りることもできます。

  1. 担保となる通貨を預ける。
  2. 預けた通貨の3分の2まで借りることができる。
  3. 価格変動によって3分の2を超えると清算されるため余裕を持って借りる。

貸し出しと同じように、通貨を選んでBORROWをクリックし、トランザクションを通せば完了です。

借りた通貨は、あなたのウォレットに入って自由に使うことができます。

自由に使うことができるので、日本円やステーブルコインに換え、ETHが値下がりした後に買い戻し、返済することで差額を設けることもできます。手動でショートポジションを持つってことですね。

まとめ

金融系DAppsの「compound」についてまとめました。compound protocolの実装されたサービス「bloqboard」も同じような感覚で使えるので、一度触ってみてください。

金融系DAppsは少しずつ増えてきていて、今回紹介したような手動のショートポジションを取るようなことをしなくても、ショートETHというETHの負の相関となる値動きをするトークンもあります。詳しくは「ETHをショートできるexpoの使い方|shortETHトークンの売買」をごらんください。

このブログではDAppsのゲームを中心に紹介していますが、ゲーム以外のユースケースも徐々に広がってきていますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.