つみたてNISAは単一銘柄の積立がオススメ!その理由と選び方を解説

つみたてNISAは初心者のハードルを下げるために銘柄がかなり絞られています。しかし、自分自身を振り返ってみると投資初心者がこれだけみて投資をスタートできるとは思えません。

だって120銘柄もあるんですよ?

考えてもみてください。ポケモントレーナーが選ぶのは3匹の中から1匹だけ、その後トレーナーの成長とともに属性や強さなどを考えながらパーティーをくみ上げていきます。

いきなり120匹の中からパーティー組んでね!と言われても「いやちょっと」ってなりますもん。

ちょっと前までは株式を何割、債券を何割、そのうち先進国が何割…と投資先の配分(アセットアロケーションといいます)を考えて、その配分に沿ったインデックスファンドを買うのが基本でした。

アセットアロケーションが大切だという基本は変わりませんが、最近ではバランスファンドのコストが下がってきたり、一本で全世界の株式に投資できるファンドが充実してきています。

つまり、一本選ぶだけでもそれなりの投資ができてしまう環境が整ってきているわけです。

そこでこの記事では、

  • 単一銘柄を積み立てることの特徴
  • 単一銘柄を積み立てるならどう選んだらいいか?

この2つについてわたしの考えをまとめました。

つみたてNISAを単一銘柄にする特徴

  • ポートフォリオの割合が変わらないからリスクとリターンを把握しやすい。
  • 管理が圧倒的に楽。というか不要。
  • ほったらかしにできると、投資との適切な距離感をつかみやすい。

シンプルにひとつのファンドだけを積み立てると、このようなメリットがあります。

2つ以上の銘柄を組み合わせると、運用していくうちに比率が変わっていきます。比率が変わったことによって、本来想定した値動きの幅よりも大きくなり、狼狽売りをしてしまうことがあります。そうなってしまったら、そこで市場からドロップアウト。長期投資は終了です。

単一銘柄であれば、リバランスする必要がありません。だから、値動きの幅を想定しやすいですし、何よりも運用管理が楽になります。

資産運用って言うと難しく考えがちですが、難しく考えれば考えただけリターンが増えるってわけでもありません。特につみたてNISAの対象銘柄の範囲内ではその傾向が顕著に出ると思います。

難しく考えても考えなくても同じなら、考えなくてすむ方をとりたくないですか?

それによって、投資にのめり込みすぎないようになったり、暴落がきても世界経済が復活するまで忘れてるくらいになれば、長期投資で成功しやすくなります。

今回紹介する単一銘柄の投資は、自力で組み合わせて運用するよりはコストがかかります。どれくらいコストに差があるのかは、「インデックス投資の手間とコストを比較」を読んでみてください。イメージが持てるようになると思います。

全世界株式から選ぶ

全世界株式一本投資の特徴

  • 投資地域(先進国、日本、新興国)の比率を考える必要がない。
  • 株式100%なので期待リターンが高い。(値動きの幅も大きい)

日本に住んでいるわたしたちは、自分の国に投資する比率を増やしてしまいがちです。なぜかと言われると、「自分が住んでいるから、なんとなく。」という回答になりがち。

つみたてNISAで全世界株式に投資できるファンドを一本だけ選んで投資をすると、先進国・日本・新興国の比率を考える必要がなくなり、自分の先入観や固定観念が入ることのない資産運用に近づきます。

つみたてNISA枠が投資のすべてであれば、株式100%の運用になるため値動きの幅が大きくなる点には注意してください。

リーマンショッククラスのイベントがあると、株価下落と為替のダブルパンチで70%くらいマイナスになる可能性はあります。

「投資なんてもうダメだ!」となって市場からドロップアウトしないようにするためには、

 

  • 貯金などの無リスク資産を別に用意しておく。
  • 減って困る生活資金で投資をしない。

 

といった対策が必要です。これは、全界株式1本で投資をするケース以外にも当てはまりますが、株式100%は特に値動きが大きくなりますから備えが必要です。

全世界株式に投資できる銘柄

セゾン資産形成の達人ファンド

https://www.saison-am.co.jp/fund/master/_pdf/prospectus2.pdf

  • 種別:アクティブファンド
  • 運用会社:セゾン投信
  • ベンチマーク:MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み)を参考指数とし、これを上回る運用を目指す。
  • 信託報酬:1.35%(税込)
  • 信託財産留保額:0.1%
  • 購入先:セゾン投信

セゾン投信で購入することができるアクティブファンドです。

運用成績は好調ですが、信託報酬がインデックスファンドよりも高いのがデメリット。今後もベンチマークを上回り続けるかどうかは誰にもわかりません。

「せっかくの非課税枠だから、コストは高くてもベンチマークを上回るリターンを目指すファンドに投資したい!」というのであれば候補に入ってきます。

資料請求はこちらから
>>セゾン資産形成の達人ファンド

全世界株式・インデックスファンド

http://apl.morningstar.co.jp/

  • 種別:インデックスファンド
  • 運用会社:ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ
  • ベンチマーク:MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(円ベース)
  • 信託報酬:0.52%(税込)
  • 信託財産留保額:0.3%
  • 購入先:SBI証券、マネックス証券

MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスに連動することを目指したインデックスファンドです。これまでは、(日本除く)とおまけの一文がついたものが多かったのですが、本ファンドは日本を含めて全界の株式に投資することができます。

今回紹介している中では、唯一の純粋なインデックスファンドです。制定されたばかりなので、長期運用データはまだありません。

楽天・全世界株式インデックスファンド

https://www.rakuten-toushin.co.jp/fund/

  • 種別:インデックスファンド
  • 運用会社:楽天投信投資顧問
  • ベンチマーク:FTSE グローバル・ オールキャップ・ インデックス
  • 信託報酬:0.24%(税込)
  • 信託財産留保額:なし
  • 購入先:楽天証券、マネックス証券、(SBI証券;10月20日〜)

バンガード社の「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」に投資するファンドです。つみたてNISAの対象銘柄になるかどうかは明示されていませんが、10月中には詳細が出てくるでしょう。

注意
他にも全世界株式と名のつくファンドがありますが、投資先から日本が除外されています

全世界株式ファンドの中から一本選ぶなら

この3つ中から選ぶのであれば、楽天・全世界株式インデックファンドがオススメです。

理由はシンプルに「低コストだから。」

アクティブファンドのリターンは魅力的に映りますが、20年というつみたてNISAの長期航海を勝ち続けることは相当困難です。

セゾン資産形成の達人ファンド」は長期投資を想定してつくられているため、他のアクティブファンドよりはよっぽど良心的ですが、やはり楽天・全世界株式インデックスファンドの0.24%という低コストの方がオススメするに値します。

ひとつだけ注意しなければいけないのは、実際に楽天・全世界株式インデックスファンドが運用された結果、0.24%よりもコストがかかる場合があります。「実質コスト」といわれますが、運用期間がまだ短いため、実質コストは見えていません。

より無難に行くのであれば、一年は様子を見てから楽天・全世界株式インデックスファンドを積立銘柄に設定するといいと思います。

バランスファンド

全世界株式との違いは債券も入っているところ。特徴は次のようになっています。

  • 債券にも投資できる。
  • 株式100%よりも値動きはマイルドになる。
  • 資産配分が少しずつ違う銘柄が多くて選びにくい。

銘柄によって比率に多少違いはありますが、バランスファンドは株式と債券が組み込まれています。

債券は株式と異なる値動きをすることで、ファンド全体としての値動きをマイルドにしてくれる効果があります。

 

  • つみたてNISAと別に無リスク資産を用意していくあてがない。
  • 株式100%は不安

というかたは、バランスファンド1本積立があっていると思います。

ただ、バランスファンドは地味に種類がたくさんあるため、選びにくいことが欠点ですね。

低コストなバランスファンド

選択肢が多いため、低コストなバランスファンドを3つピックアップして紹介します。

eMAXIS slim 8資産バランス

https://emaxis.muam.jp/pdf/

  • 運用会社:三菱UFJ国際投信
  • ベンチマーク:合成ベンチマーク(詳細は目論見書参照)
  • 信託報酬:0.24%(税込)
  • 信託財産留保額:なし
  • 購入先:楽天証券、マネックス証券、SBI証券

株式、債券の他に不動産である「リート」が組み込まれています。新興国株式、新興国債券があわせて25%含まれており、バランスファンドの中では値動きが大きくなりやすい可能性があります。

三井住友・DC年金バランス50(標準型)

http://www.smam-jp.com/fund/pdf/134609k.pdf

  • 運用会社:三井住友アセットマネジメント
  • ベンチマーク:合成ベンチマーク(詳細は目論見書参照)
  • 信託報酬:0.25%(税込)
  • 信託財産留保額:なし
  • 購入先:楽天証券、マネックス証券、SBI証券

株式と債券の比率が3パターン用意されていることが特徴のファンドです。上のデータはマイパッケージ50のもの。

新興国クラスやリートが組み込まれていない分、わかりやすい資産配分になっています。

国内株式35%が多すぎると感じないのであれば、選択肢に入ってきます。

たわらノーロードバランス(8資産均等型)

http://www.diam.co.jp/pdf/moku/

  • 運用会社:アセットマネジメントone
  • ベンチマーク:合成ベンチマーク(詳細は目論見書参照)
  • 信託報酬:0.24%(税込)
  • 信託財産留保額:なし
  • 購入先:楽天証券、マネックス証券、SBI証券

信託報酬が最安のバランスファンドが「たわらノーロードバランス」です。

資産配分はeMAXIS slim バランスと同じです。

バランスファンドの中から一本選ぶなら

それぞれの資産クラスが今後どういった動きをするかは誰にもわかりません。このなかから1本選ぶのはとても悩ましいですが、シンプルにコストで選ぶなら、「たわらノーロードバランス」です。

このオススメを聞いて、「新興国の割合が大きいんじゃないの?」と感じるのであれば、ちょうどよいバランスファンドを探すか、個別の資産クラスを組み合わせていくことになります。

まとめ

つみたてNISAの積立銘柄を一本にすることで、

  • ポートフォリオの割合が変わらないからリスクとリターンを把握しやすい。
  • 管理が圧倒的に楽。というか不要。
  • ほったらかしにできると、投資との適切な距離感をつかみやすい。

こうしたメリットがあります。

120銘柄ある中から組み合わせてポートフォリオを構築するのは、投資未経験者にはハードルが高いですから、「全世界株式」や「バランスファンド」1本で積み立てると投資を始めやすいと思います。

つみたてNISAの口座をどこの証券会社で開くか決まっていなければ、「つみたてNISAにオススメの証券会社!楽天証券とSBI証券の比較」をご覧ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です