投資や保険の勉強をしていても妻には評価されないことはキモに銘じておくべき

SHARE

投資や保険の勉強をしていても妻には評価されないことはキモに銘じておくべき

子供ができたとわかったら、出産費用や国の補助制度、教育費用やその準備のための投資や保険など、お金のことについて考える機会が増えます。
私のように子供をきっかけとして勉強を始めた方もいらっしゃるかと思います。

勉強をして詳しくなってくると「我が家のお金のことは任されたい」「詳しいねって褒めて欲しい」という欲望がでてきちゃいます。

子育て中の「お金」は重要度は高いが緊急度は低い

そもそも子育てでいっぱいいっぱいになっている奥さんにとっては、運用とか考えてる暇はありません。

そんな状況で「お金は任せて!」と言われてもピンと来るはずもないですよね。
そりゃお金は大事ですし、将来のためにしっかり考えなきゃいけません。重要度は確かに高いです。

ただ、 緊急度はどうでしょう。

自分の子供はちゃんと育つのか、子育てはこれであっているのか、生活リズムをちゃんとつくるにはどうしたらいいのか、保育園は、おっぱいは、お昼寝は、離乳食は…

先に考えるべきことは数多あります。

きっと奥さんは考えてます。

そんな中でお金の話をしても「他にもっと考えなきゃいけないことあるでしょ!」となるでしょうよ。

「私は全て考えているから大丈夫。フフン」って方は大したもんだと思います。

お金の管理・運用はしれっとやっておきたい

ではどうすればいいのか。

私は褒められたりする期待はやめて、しれっとやることにしました。

子供が大学に入る時にちゃんとお金が準備されている、夫婦で過ごす老後の資金がちゃんと準備されているかどうかが重要です。

今は、「ちゃんと管理しておくから気にしなくて大丈夫よー」くらいにとどめておくのがベターじゃないかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です