【ブロックチェーンゲーム関連株】DLE<3686>が開発する「マイクリプトヒーローズ」とは?

鷹の爪団やパンパカパンツなどのキャラクターで知られるDLE<3686>が、スマホアプリのノウハウを有するDouble jump. tokyoの株式を取得しました。

この記事では、DLEやDouble jump. tokyo、ブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーロズ」について紹介します。

DLEはどんな会社?

DLEはキャラクターやコンテンツを利用したプロモーション・マーケティングを得意とする会社です。

鷹の爪団やパンパカパンツが有名なキャラクターですね。

ゲーム事業にも参画しており、2015年には「ちゅらっぷす」を設立してアニメの企画・制作・ゲーム化などを行ってきています。

ブロックチェーン関連としては、分散型エンターテイメントの提供を目的としたシンガポールの「BlockPunk」との提携もしています。

このように、DLEは既存の事業と相性の良いブロックチェーン技術をどんどん取り込んでいく姿勢がうかがえる会社です。

DLEの株価

Double japan. tokyoはどんな会社?

今回DLEが株式を取得したDouble jump. tokyoは、ブロックチェーンの技術を用いたゲームやアセットの開発・販売・運営を目的に設立された会社です。現在は、ブロックチェーンゲームの開発を行っています。

ゲーム制作のノウハウを有するメンバーで構成されており、金融に強いメンバーもいます。代表取締役には、野村総合研究所で金融システムの基盤構築経験のある、上野広伸 氏が就任しています。

ブロックチェーンゲームは、既存のゲームとは異なり、ゲーム中のアセットはブロックチェーンに保管されているため、プレーヤー自身が保有し、自由に売買・トレードすることができます。

従来のゲームでは、規約上は運営のサーバーに保管されたアセットを貸し出す形式がほとんで、勝手にトレードすることは「リアルマネートレード」として禁止されていることがほとんどでした。

こうしたことから、ブロックチェーンゲームはゲーム業界の新しい概念・テクノロジーとして注目を集め始めています。

マイクリプトヒーローズとは?

My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)」は、ブロックチェーンを活用したゲームです。プレーヤーは、歴史上の英雄・アイテム・領地などを入手しながら、仮想世界の制覇を目指します。

  • ヒーロー・アイテム・領地はブロックチェーン状に保管される(ERC-721)。
  • ゲームアセットはユーザーが所有権を持ち、自由にトレードできる。
  • ブロックチェーンゲーム未経験者でも遊べる。

ブロックチェーンゲームは、仮想通貨イーサリアムを支払いながらゲームをするために、専用のウォレットアプリが必要です。さらに、ブロックチェーン利用手数料としてgas代が発生することや、プログラムの処理遅延などが課題となっています。

しかし、マイクリプトヒーローズは、ブロックチェーンを利用する部分としない部分を上手に組み合わせたり、手数料のかからない独自のブロックチェーンを利用することで、ブロックチェーンゲーム未経験者でも安心してプレイできる設計になっています。

他のブロックチェーンゲームを見ると、これらの課題をクリアできていないものがほとんどです。Double jump. tokyoはブロックチェーンゲームの技術者・ノウハウを有していると考えられます。

まとめ

DLEのブロックチェーンゲーム参戦と、マイクリプトヒーローズについてまとめました。

高い技術を持ったチームが作る、国産のブロックチェーンゲームということでかなり期待できるのではないでしょうか。

プレセールが始まりましたので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

プレセールの内容は「マイクリプトヒーローズのプレセール開始!売れ行きは好調!」を参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.