GODS UNCHAINED|ゴッドパワー解説【Nature】

GODS UNCHAINEDのデッキ構築の肝となる「ゴッドパワー」の詳細が段階的に公開されてきています。

MEMO
ゴッドパワーは毎ターン1度のみ使える特殊カードです。各ゴッドには何度でも使えるベーシック4種と1ゲームで1度しか使えないウルティメイト1種が割り当てられています。ゲーム開始時にそのゴッドパワーの中から、使用するパワーを1つ選んでゲームを開始します。

ゲーム開始時に選択するというルールが読み合いを生じさせ、Gods Unchainedの戦略性に幅を持たせている面白いシステムです。今回は、Natureのゴッドパワー5種を紹介していきます。

Animal Bond

 

4マナ|ランダムなConfusedを持ったクリーチャーを1体召喚し、Xマナ回復する

最初に紹介するゴッドパワーはこのAnimal Bondです。Confusedを持ったクリーチャー1体を召喚してマナをいくつか回復します(Xが何点かは公開されておりません。)。

クリーチャーのスタッツは2/1、1/2、3/2、2/3、4/3、3/4の6パターンからランダムで決定されます。

ステータスの合計値にバラツキがあるのが特徴ですね。Confusedは50%で狙った目標ではない敵に攻撃しますが、攻撃の順番などに気を付けるとデメリットを最小限に抑えられるので、そこまで不利な効果ではないと思います。(あらかじめスペルや他クリーチャーで相手クリーチャーを除去し、選択肢を絞る、など)

出てくるクリーチャーの強さにバラツキがあるので使いにくい場面もありますが、手札を温存してクリーチャーを召喚できるので、使いやすい部類のゴッドパワーだと思います。

Forage

 

2マナ|ランダムなNature属性のクリーチャーカードを一枚手札に加える。

次に紹介するゴッドパワーはForageです。2マナでクリーチャーカードを一枚手札に加えます。ランダムで強力なカードが引けるかどうかは運ですが、2マナのドローソースとしては優秀と思います。マナが余った時などは積極的に使用して、手札の枯渇を防ぎましょう。

以下の理由からアグロデッキと相性が良さそうです。

  • 低コストクリーチャーが多いので、手札が枯渇しやすい。
  • クリーチャーで盤面の優位を取るデッキなので、クリーチャーのドローソースは高相性。
  • クリーチャーカードが多い特性から、ドローカードを入れる余裕が無い。
  • 手札がすぐなくなる+軽量クリーチャーが多いので、マナが余りやすい。

アグロで怖いのは中盤以降の息切れなので、それを緩和できるこのゴッドパワーとのシナジーは有効と考えます。

Flourish

 

3マナ|全ての味方クリーチャーにアタック+2、または、ヘルス+2を与える(ランダム)

3種類目のゴッドパワーFlourishです。味方クリーチャー全体に効果があるので、クリーチャーが多く出せるタイプのデッキとは相性が良さそうですね。例えば、このカード。

 

7マナ|4/7|各ターン終了時に1/1のLiving Earth1体を召喚する

Avatar of Natureを召喚し、毎ターン出てくる1/1クリーチャーを3マナで強化し続けることも可能です。最初のクリーチャーも少なく、強化も終わってないタイミングさえ乗り切れれば、強力なクリーチャーの群れで相手を圧倒できるでしょう。

Leach Life

 

3マナ|Leech. ランダムな相手クリーチャー1体に2ダメージを与える

次に紹介するのはLeech。ランダムで相手クリーチャー1体に2ダメージを与え、Leechの効果でそのダメージ分回復します。

ゴッドパワーは消費されず毎ターン使用できるので、2ダメージと言えど、積み重ねることができるところは通常のダメージスペルとは違います。回復効果も付いているため、その差はじわじわと相手を苦しめるでしょう。

相手の低ヘルスクリーチャーをカード消費無しで処理できるため、使いやすいです。シナジーを狙いにくい効果ですが、安定してどのようなデッキにも採用できるゴッドパワーでしょう。

Wildness

 

2マナ|全ての相手クリーチャーと相手手札にあるクリーチャーにConfusedを与え、2マナ回復する

NatureのウルティメイトはこのWildnessです。相手の全てのクリーチャー(手札込!)にConfusedを与え、さらに2マナを回復という効果を0マナで発動できるというとても強力なゴッドパワーです。

Natureのウルティメイトは今までのLightやWarのウルティメイトと違い、序盤に使うべきウルティメイトです。

  • 序盤は相手も手札が多く、Confusedを付与できる確率が高い
  • 序盤の方がConfusedの効果が高い(Confusedが発動する機会が多い)
  • 消費マナが0なので、いつでも発動できる
  • 2マナ回復の効果は序盤ほど高い。

これらの理由から序盤の方が効果が高いです。理想は2ターン目に2マナクリーチャーを2体出すことです。その後出てくる相手クリーチャーはConfusedを持っていると想像できるので、序盤の有利は掴んだも同然です。

しかし、ターンが進むにつれてゴッドパワーが使えないことで不利になってきますので、その影響が出てくる前に一気に決めてしまいましょう。

まとめ

今回はNatureのゴッドパワー5種を紹介しました。

Natureのゴッドパワーはクリーチャーの召喚/強化/ドローやマナ/ヘルス回復というNatureの色がよく出ているゴッドパワーでした。バランスも良く、デッキに応じて採用されるゴッドパワーも変わりそうです。

今からゴッドパワーやカードリストとにらめっこしてデッキ構築を考えるのも楽しいですね!

Natureのカードリストは「GODS UNCHAINED|注目カード紹介・カードリスト【Nature属性】」を参考にしてください。

GODS UNCHAINEDの関連記事

GODS UNCHAINEDの基本情報
ゲーム概要ルール解説
デッキ構築プレセール
ゴッドの特徴アビリティ解説
各属性の解説・カードリスト
WARカードリストWARゴッドパワー
LIGHTカードリストLIGHTゴッドパワー
DEATHカードリストDEATHゴッドパワー
NATUREカードリストNATUREゴッドパワー
MAGICカードリストMAGICゴッドパワー
DECEPTIONリストDECEPTIONゴッドパワー
プレセール全カードリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.