マイクリプトヒーローズ攻略|アートエディットの解説とスキル一覧

マイクリプトヒーローズ(My Crypto Heroes)は、ブロックチェーンの技術を用いたシミュレーションゲームです。

対人のバトルは、3vs3のチーム戦で行われます。バトルは自動で進んでいくため、チーム構築が勝敗を決めます。

キャラクターのグラフィックを変更する「アートエディット機能」を使うと、見た目だけでなくスキルも変化します。アートエディットスキルは、バトルで勝つために重要な要素なので、詳しく解説します。

MEMO
現在、ベータテスト中です。本リリース時には仕様が変更される可能性もあるためご了承ください。

アートエディット機能とは?

アートエディットは、プレーヤーが写真やイラストをアップロードして、キャラクターに登録する機能です。

これによって、キャラクターのグラフィックと、行動「殴る」が変化します。

レベルアップ時のヒーローの成長傾向にも影響するようですが、ベータテストの時点では実装されていません。

オリジナルな画像をキャラクターのグラフィックとして成長させることで、付加価値をキャラクターに持たせる狙いがあります。実際にやってみると分かりますが、自分の好きなグラフィックでゲームをプレイできるのは、愛着もわくのでなかなか楽しいです。

アートエディットのやり方

アートエディットは、メニュー「インベントリ」から、ヒーローを選択したこちらの画面から行います。

ヒーロー右上の「Art Edit」をクリックします。


ヒーローのグラフィックとして利用するファイルを「Choose a file」から選択します。今回は例として、コラボ先のイーサエモンの「キャリ」を使ってみましょう。


キャリの画像をアップすると、切り抜き画面になります。

好きなサイズに調整して、「Submit」をクリックします。


アートエディットスキルが表示されるので、問題なければ「OK」をクリックします。

画像の切り抜き方でスキルが変わることももあるので、狙ったスキルが出なかったら再チャレンジしましょう。

狙ったスキルを出すコツは後ほど紹介します。


登録後は、インベントリから内容を確認できます。最初と比べて、グラフィックが変わっていること、「殴る」が「ブラスニャックル」になっていることがわかりますね。

アートエディットは以上で終了です。

アートエディットスキル一覧・狙ったスキルの出し方

アートエディットスキルはアップロードした画像を解析して決められているようです。ひたすらアップロードとアートエディットスキルの確認を繰り返した私が、スキルと出し方を紹介します。

画像のジャンルとしては3つあり、合計13種類のスキルがあります。

  • 色系:画像中の色の比率をみて評価、出したいスキルの色を増やす
  • 動物系:イヌ・ネコの写真を使う
  • 仮想通貨系:ETH、BTCのロゴを使う

垂水ケイ

具体的な画像解析方法は公開されてないから、参考にしながら試してみて!

動物系、仮想通貨系は割といい加減なところもあるのか、全然関係ない写真でも認識してくれる時があります。

レッドスマイト(PHY攻撃)

スキル効果

先頭の敵にPHYの50~90%分ダメージ

スキルの出し方

赤中心の画像を利用する。

ブラスニャックル(PHY攻撃+AGIバフ)

スキル効果

先頭の敵にPHYの40~50%分ダメージを与え、自分のAGIを20%分アップ

スキルの出し方

猫系の写真・イラストを使用する。

バウワウワウ(PHY攻撃+PHYバフ)

スキル効果

先頭の敵にPHYの40~50%分ダメージを与え、自分のPHYをINTの20%分アップ

スキルの出し方

犬の写真・イラストを使用する。

ブロック・チェイン(PHY全体攻撃)

スキル効果

敵全体にPHYの15~30%分ダメージ

スキルの出し方

ビットコインの画像を使用する。

ダークブロウ(INT攻撃)

スキル効果

先頭の敵にINT60~80%分ダメージ

スキルの出し方

暗い場所の画像を利用する。

エーテリウム・キャノン(INT全体攻撃)

スキル効果

先頭の敵にINT20~30%分ダメージ

スキルの出し方

イーサリアム中心の画像を利用する。

マゼンタフォッグ(INT特殊)

スキル効果

先頭の敵にPHYの30~50%分ダメージを与え、混乱効果を与えることがある

スキルの出し方

マゼンタ中心の画像を利用する。

ライトリジェネレーション(回復)

スキル効果

味方全体に20%の回復効果を与える

スキルの出し方

白中心の画像を利用する。

1UP!(PHY/INT/AGIバフ)

スキル効果

自分のPHY/INT/AGIをINTの10%分アップ

スキルの出し方

黒中心の画像を利用する。ダークブロウとの出し方の差が曖昧。

ブルーブレッシング(INT/AGIバフ)

スキル効果

先頭の味方のINT/AGIをINTの15%アップ

スキルの出し方

青中心の画像を利用する。

グリーンヘイスト(PHY/AGIバフ)

スキル効果

先頭の味方のPHY/AGIをINTの10%アップ

スキルの出し方

グリーン中心の画像を利用する。

イエローサンダー(INTデバフ)

スキル効果

先頭の敵のINTをINTの5%分ダウン

スキルの出し方

黄中心の画像を利用する。

シアンゲイザー(PHYデバフ)

スキル効果

先頭の敵のPHYをINTの5%分ダウン

スキルの出し方

シアン中心の画像を利用する。

まとめ

アートエディットスキルは強力なものも多く、バトルで勝つためには必須です。

自分お気に入りの画像の背景色を変えるなどの工夫をしつつ、狙ったスキルとグラフィックを両立させてみてはいかがでしょうか。

バトルの攻略については「マイクリプトヒーローズ|バトル攻略・チーム構築のコツ」もあわせてご覧ください。

マイクリプトヒーローズ公式

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.